ケイララは、壁紙・ウォールステッカー・スマホケース・帽子の通販サイトです。

赤ちゃんが「つたい歩き」を始めたら、クッション壁紙シールを貼るというのは、どうだろうか?

赤ちゃんが「つたい歩き」を始めたら、クッション壁紙シールを貼るというのは、どうだろうか?

こんにちは、ケイララです。

赤ちゃんは、日に日にできることが増えてきますね。

昨日と今日では、まるで動きが変わります。寝返りも出来るようになって、動ける範囲も広がります。

表情も変わりますね。
いろんな笑い方ができるようにもなります。

泣き方や声の力強さも変わってきます。

中でも一番大きく変わったな、と、見た目で分かるのが「立っち」ではないでしょうか。

赤ちゃんは急につかまり立ちできるようになる

つかまり立ちが出来たら、つたい歩きもスグにできる
今まで、「寝んね」か「抱っこ」しかできなかった赤ちゃんが、何かにつかまって、急に「つかまり立ち」をするようになります。

うれしいものです。
我が子の成長を感じますね。

しかも、教えたわけでも、練習したわけでもないのに、本当にいきなりできるようになります。

親や兄弟のマネをするんでしょうね。気が付いたら、テレビボードの端っこでつかまり立ちをしていたりするわけです。

足なんか、プルプル震えちゃったりして。もう、必死です。

つかまり立ちが出来たら、つたい歩きもスグにできる

つかまり立ちが出来たら、つたい歩きもスグにできる
最初は何かにつかまって立ちます。

そして、次にできるようになるのは、「つたい歩き」ですね。

テーブルなんかにつかまりながら、歩きます。
ママやパパの方を見ながら、笑顔で歩くんです。

歩けるようになってうれしいんでしょうね。
笑顔でつたい歩きをします。

親からみても、子供が成長していく姿を見るのって、とってもうれしいですよね。
どんどん、成長していきます。

つたい歩きはうれしくもあり、不安もある

つたい歩きを始めたらクッション壁紙シール

さて、つたい歩きができるようになると、ママの生活も変わります。

今までは、ゴロゴロしているか、抱っこされているだけだったのに、自分で行動するようになります。

最初は、笑顔でつたい歩きをしていても、床に置いてあるクッションにつまづいて、転んでしまいます。

転んだ先の、本棚や壁に顔をぶつけて、ケガをしてしまうこともあるんです。

しかも、転んだことのない赤ちゃんは、上手な転び方を知りません。

つたい歩きが出来るようになったら、部屋の壁にもクッション保護

つたい歩きが出来るようになったら部屋の壁にもクッション保護
床にはクッションパネルなんかを敷いたり、テーブルなどの家具の角にはコーナーガードをつけたりします。

これらは、一般的なものですね。

でも、意外と忘れがちなのが、壁の保護。

つたい歩きをしていて、転ぶ確率が高い場所って、壁の近くなんです。
それは、壁際に家具を置いておくことが多いからですね。

ということは、壁にもクッション材で保護をしておかないといけません。

簡単に貼れる「クッション壁紙シール」で壁をガード

クッションレンガ壁紙シール
壁のクッション材として、オススメなアイテムが「クッション壁紙シール」です。

クッション壁紙シールは、文字通り「シール」なので、壁に貼るだけです。

壁に貼るだけで、壁にクッションができて、赤ちゃんがぶつかった時の衝撃吸収をしてくれます。

ハサミやカッターで、簡単に切れるし、折り曲げて貼ることもできるので、テーブルや机、食器棚、テレビボードなんかにも使えます。

しかも、凹凸のあるデザインなので、赤ちゃんがつかまり立ちするときに、指をひっかけて歩くこともできるんです。

廊下や階段、玄関に貼っておくのもオススメです。

■参考:白いレンガ調のクッション壁紙シートは凹凸があるインテリア用のシール壁紙!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

子供の成長は、とてもうれしいですよね。しかも、親が想像つかないスピード感で成長します。そして、子供は大人が想像つかないような行動をします。子供のケガは出来るものなら未然に防ぎたいですね。

クッション壁紙シールは、ある程度走り回るようになった子供のクッションガードとしても役立ちます。ぜひ、お試しください。

クッション壁紙シールはこちらからどうぞ。

↓↓↓いつもシェアしていただき、誠にありがとうございます♪

壁をDIYカテゴリの最新記事

あわせて読みたい記事