こんにちは、ケイ" />
ケイララは、壁紙・ウォールステッカー・スマホケース・帽子の通販サイトです。

寝る子は育つは本当だった!両親の身長で子供の最終身長を計算する方法がコレ

寝る子は育つは本当だった!両親の身長で子供の最終身長を計算する方法がコレ

こんにちは、ケイララです。

最近の小学生は、なぜか、スタイルが良いですよね。
顔が小さくて、足が長い。そんな小学生がたくさんいます。

でも、自分の子供と同級生の子供を比べた時に、
「あれ、うちの子、背が低いかも」
と思うときって、ありませんか?

というわけで、今日は、小学生の身長のお話しをしますね。

「寝る子は育つ」は本当だった

「寝る子は育つ」は本当だった
「寝る子は育つ」って、昔はよく言われていました。
「早く寝なさい」っていう意味かと思っていましたが、
本当に「寝る子は育つ」んです。

睡眠時間と発育には関係性があるんです。

睡眠には、「レム睡眠」と「ノンレム睡眠」がありますね。
「レム睡眠」は脳の休息、「ノンレム睡眠」は身体の休息をしています。

身体の成長に必要不可欠なのが、成長ホルモンですが、
成長ホルモンは「ノンレム睡眠」中に分泌されています。

睡眠時間が多ければ多いほど、成長ホルモンは分泌されます。
なので、「寝る子は育つ」んです。

でも、ただ長く寝れば良いというわけではなく、
しっかりと熟睡することが成長ホルモンを多く分泌させる秘訣のようです。

「骨端線」が閉じると成長が止まるサイン

「骨端線」が閉じると成長が止まるサイン
人間には、「成長期」と言うが存在しますよね。
成長期とは、急激に身長が伸びる時期のことです。

成長期は、2回あって、1回目は生後生まれてスグから4歳ぐらいまで。
2回目は9歳ぐらいから13歳ぐらいまで。

どちらも期間は4年間ぐらいです。
この成長期の期間は、身長が急激に伸びます。

そして、成長期の子供のレントゲンを見ると、
「骨端線」と言うものが写ります。

大人のレントゲン写真では写りません。

子供のレントゲンには、
骨の端っこに「線」が写るんです。

「線」の正体は、軟骨です。
そして、この軟骨が、成長のカギになります。

子供の頃にしかない、この軟骨の役割は、
骨に栄養を送ることなんです。

骨はこの栄養で、伸びていくんです。
つまりは、体を大きくするための栄養を作っているのが、この軟骨なんです。

軟骨が、体を大きくするという役目を終えると、レントゲンに写らなくなります。
「骨端線」が消えるんですね。

これが、成長期の終わりのサインです。

子供の最終身長を計算する方法

子供の最終身長を計算する方法
子供の最終身長は、90%が親からの遺伝で決まるそうです。

「お父さんが大きいから、子供も大きくなるね」
という言葉は、よく聞きます。

まれに、お父さんもお母さんも平均的な身長なのに、
子供は身長が高くなったりするケースもありますが、稀です。

90%は、親の遺伝で子供の身長が決まります。
そして、医学的に「親の身長から子供の最終身長を計算する方法」があります。

その計算式は、

■男の子:(父親の身長+母親の身長+13cm)÷2
■女の子:(父親の身長+母親の身長-13cm)÷2

になります。

小学生が筋トレをすると身長が伸びにくい?

小学生が筋トレをすると身長が伸びにくい?
小学生やもっと小さい頃から筋トレをすると、身長が伸びにくいというのは、よく言われます。

筋トレをすると、筋肉が固くなりますよね。
筋肉が固くなると、骨が成長しにくくなるイメージの言葉ですよね。

でも、これには医学的根拠はありません。

むしろ、「適度」な筋トレであれば、やった方が骨の成長につながるんです。

もちろん、過度な筋トレは、やりすぎなのでよくありませんが、
適度な筋トレであれば、血行が良くなって、細胞が活性化されるので、良いんです。

身長を伸ばすためには栄養素も重要

身長を伸ばすためには栄養素も重要
身長を伸ばすためには、睡眠と運動だけでは足りません。

もう一つ、身体の成長に必要な要素として、「栄養」が挙げられます。
簡単に言えば、食事です。

現在は、「食育」という言葉もあるほど、子供の食事は体の成長に関して重要なものなんです。

身体の成長に関して、重要な栄養素は「カルシウム」と「タンパク質」です。

カルシウムの代表例は、牛乳ですね。
カルシウムは、骨を強くします。

タンパク質の代表例は、肉です。
肉は筋肉と骨の成長を促します。

カルシウムとタンパク質を効率よく、他の栄養素とバランスよく吸収できるような食事が理想的な食事と言えます。

あとは、食事をとるタイミングも重要です。
例えば、寝る直前に食事をとってしまうと、いくら栄養が高い食事でも逆効果になります。

しかも寝る直前の食事は、質の良い睡眠の妨げにもなります。
食事は栄養のバランスとタイミングは重要なんです。

親だけではなく子供にも意識させる

>親だけではなく子供にも意識させる
子供の成長を考えるのは、親だけでは足りません。
むしろ、親よりも子供本人の意識が、最も重要になります。

いくら、親が子供の身体の成長を考えても
子供本人に意識がないと、何の意味もありません。

例えば、栄養価の高い食事を出しても、
子供本人がよく噛まずに、食べてしまったら、
その栄養価は半減してしまいます。

お父さんとお母さんが言っていることは、
将来、自分の身体が大きくなるために言っているんだ
という目的を理解してもらうことが重要になります。

目的が理解することはできれば、
今まで夜更かししてテレビゲームをやっていたことが、
身体の成長をストップさせていることに気づくでしょう。

早寝早起きをする生活スタイルになるかもしれません。
家でユーチューブを見ていた時間に、外で遊ぶようになるかもしれません。

何事も、最終的には、本人の意識が、結果を変えるんです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

我が子の成長を気にならない親はいませんね。

医学的には、子供の最終身長は90%が親の遺伝と言われています。
でも、栄養や睡眠で、親の予想を超える成長をする可能性もあります。

身長の発達だけが成長ではないですが、小さいカラダより大きいカラダの方が良いですよね。

子供には、たくさんの栄養と適度な運動を日々心掛けて、質の良い睡眠をとらせてあげたいものです。

ちなみに、家で毎日身長を計ることが出来る「身長計のウォールステッカー」もオススメです。
毎日身長を計ることによって、本人に「身体の成長を意識」させることが出来ます。
ぜひ、お試しください。

→ 子供部屋に人気の身長計ウォールステッカーのおすすめ13選

↓↓↓いつもシェアしていただき、誠にありがとうございます♪

壁をDIYカテゴリの最新記事

あわせて読みたい記事