ケイララは、壁紙・ウォールステッカー・スマホケース・帽子の通販サイトです。

カーテンの代わりにブラインドじゃなくて窓から自然光が入る目隠しフィルム!

カーテンの代わりにブラインドじゃなくて窓から自然光が入る目隠しフィルム!

こんにちは、ケイララです。

今の住宅事情は、複雑です。

昔と比べると、近所付き合いが少なくなってきているので、隣の家にどんな人が住んでいるのかも分からなくなっている状態です。

そして、特に首都圏では、庭が小さく、しかも隣家との距離が近いせいか、カーテンを開けると、隣の家から丸見えになってしまう場合があります。

普段生活しているお部屋が、まったく面識のない人に、丸見えになっている可能性もありますよね。

なので、カーテンを閉めて生活しているのですが、出来れば、カーテンを開けて、自然光を採り入れたお部屋で生活したいんです。

レースのカーテンだけでは不安なんです

レースのカーテンだけでは不安なんです
お部屋のプライバシーを守ろうとして、お部屋のカーテンを閉めます。
昼間の明るい時間でも、カーテンを閉めます。

最初の頃は、外の空間と、室内の空間が遮断されて、「自分の部屋」という感じがします。
プライベート空間ですね。自分だけの空間です。

そして、カーテンには、薄手のレースカーテンと、厚手のドレープカーテンがあります。

レースのカーテンだけだと、外からお部屋の中が見えるような気がするので、厚手のドレープカーテンも閉めます。
すると、お部屋の中が暗くなるので、晴れて天気の良い昼間でも、お部屋の電気をつけて生活しているんです。

レースのカーテンだけでは、不安なんです。

ブラインドは隙間から部屋を覗ける

ブラインドは隙間から部屋を覗ける
お部屋のプライバシーを守りながら、昼間の自然光を部屋の中に入れるために、カーテンじゃなくて、ブラインドを使う方法がありますよね。

ブラインドは一定方向の細長いパネルを並べて、そのパネルの向きを変えることによって、部屋の中から外が見える見えないを調節します。

ただ、ブラインドも、カーテンと同じで、部屋の中から外が見えるようにしないと、自然光は部屋の中には入ってきません。

外から見えない窓ガラス目隠しフィルム

外から見えない窓ガラス目隠しフィルム
「窓ガラス目隠しフィルム」という、窓に貼るデザインフィルムがあります。

一般的には、窓は透明です。透明なので、外から丸見えになります。

ということは、窓ガラスを透明じゃなくせば良いわけです。
そういった発想から生まれたのが、「窓ガラス目隠しフィルム」なんです。

名前の通り、窓ガラスを目隠しするフィルムなんですが、遮光性はありません。
ドレープカーテンのように遮光しません。

でも、レースのカーテンのように、外からは見えないんです。

窓ガラス目隠しフィルムは、お部屋に自然光を採り入れながら、お部屋の中を外から見えなくして、お部屋のプライバシーを守るためのフィルムなんです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

普段生活しているお部屋のプライバシーは、自分で守る必要があります。

かと言って、良く晴れた天気の良い昼間にカーテンを閉めたくはありませんよね。

ブラインドも隙間があるので、外からお部屋の中が見えてしまいます。

窓ガラス目隠しフィルムは、自然光を採り入れながら、外から見えないようにするためのフィルムです。
水で貼るだけなので、キレイにはがすことが出来ます。賃貸住宅でも使えるんです。ぜひ、お試しください。

→ 水だけで貼れる窓の目隠しシートはコチラ

↓↓↓いつもシェアしていただき、誠にありがとうございます♪

窓をDIYカテゴリの最新記事

あわせて読みたい記事