ケイララは、壁紙・ウォールステッカー・スマホケース・帽子の通販サイトです。

窓ガラスの結露シートはあるのに、壁の結露シートがないのはなぜでしょうか?

窓ガラスの結露シートはあるのに、壁の結露シートがないのはなぜでしょうか?

こんにちは、ケイララです。

冬の寒い時期の悩みと言えば、結露ですね。

ほとんどの新築住宅は、結露対策されているので、心配いりません。

ですが、現在の日本では、新築住宅の割合は低く、ほとんどが中古住宅です。

特に気密性の高いマンションは、結露対策が必須です。

結露は窓ガラスだけじゃない

結露が窓ガラスだけじゃない
住宅の結露と聞いて、真っ先に思いつくのが、窓ガラスですよね。

とんでもなく濡れます。窓ガラスがビチョビチョになってしまいます。

窓ガラスを伝って、サッシもビチョビチョになってしまいますよね。

窓ガラスにできた結露を掬い取るワイパーのようなアイテムも売っています。

でも、実は、結露って、窓ガラスだけじゃないんです。

お部屋の「壁」にも結露が出来てしまうんです。

気づきにくいかもしれないですが、「壁」にも結露が出来るんです。

壁に結露が出来る原因

壁に結露が出来る原因
そもそも結露が出来る原因というのは、

「室内と室外の温度差によって、空気中の水分が水滴に変わる」

ことです。

お部屋の中で外に面している場所は、「窓ガラス」と「壁」です。なので、この2か所に結露が出来るんです。

壁の結露シートはない?

壁の結露シートはない?
窓ガラスの結露シートというアイテムがあります。

ホームセンターやインターネットで売られています。

窓ガラスに直接貼ると、結露ができにくくなるフィルムです。

とても簡単に結露対策が出来るんです。

ですが、同じことを壁でもやろうとしても、壁用の結露シートと言うものが売っていません。

ホームセンターの店員さんに聞いても、わからないんです。

インターネットで探してもありません。

壁の内側に施工するタイプのものはありますが、そんなのは現実的ではありませんよね。

壁の結露対策はないの?

壁の結露対策はないの?
壁の結露は、建物の構造や、お部屋のレイアウトも大きく関係してきます。

ですが、それらは簡単には変えられません。

なので、壁の結露対策としては、

  • サーキュレーターで空気を循環させる
  • 窓を開けて換気する
  • 除湿器を使う

などがあります。

ですが、根本的な解決にはなっていませんね。

冬の寒い時期に窓を開けて換気する、とか、マジであり得ません。

壁断熱で壁の結露を防ぐ方法

壁断熱で壁の結露を防ぐ方法
繰り返しになりますが、「室内と室外の温度差によって、空気中の水分が水滴に変わる」ことで、壁に結露が出来ます。

なので、室内と室外の温度差を無くせば良いわけです。

もうこれは、壁断熱しかありません。

壁に断熱シートを貼ります。これだけで、壁断熱が完成します。

壁を断熱すると、何が起きるかというと、室内と室外を行き来していた空気が遮断されます。

つまり、室内の暖かい空気が外に逃げません。外の冷たい空気が部屋の中に入りません。

その結果、壁には結露が出来なくなります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

結露は、窓ガラスだけじゃなくて、壁にも出来るんです。

壁にできた結露は、水滴だけじゃなく、放っておくと、カビの原因にもなります。

そして、壁の結露は、壁断熱で防ぐことが出来ます。ぜひ、お試しください。

→ 断熱アルミクッション壁紙シールはコチラ

↓↓↓いつもシェアしていただき、誠にありがとうございます♪

壁をDIYカテゴリの最新記事

あわせて読みたい記事