ケイララは、壁紙・ウォールステッカー・スマホケース・帽子の通販サイトです。

冬の洗濯物が乾きにくいのはなぜ?乾いたかわからないし、部屋干しのコツは?

冬の洗濯物が乾きにくいのはなぜ?乾いたかわからないし、部屋干しのコツは?

こんにちは、ケイララです。

いよいよ寒くなってきましたね。

東京でも最低気温は氷点下です。

日の出前だと、霜が降りている場所もあります。

こんな寒い冬の時期って、洗濯物がなかなか乾きませんよね。

晴れて天気の良い日でも、乾かないんです。

というか、洗濯物が冷たくなっているので、乾いたかわからないんです。

洗濯物が乾くメカニズム

洗濯物が乾くメカニズム
洗濯物を乾かす前は、濡れていますよね。

この洗濯物に染み込んだ全ての水分が、空気中に移動した状態が、洗濯物が乾いた状態なんです。

では、どうすれば、洗濯物に染み込んだ水分が、移動するのでしょうか。

それは、「温度・湿度・風」が影響しているんです。

冬場は空気が動いていない

冬場は空気が動いていない
まずは、温度の話です。

気温が上がる仕組みは、空気中の粒子が動いているか、動いていないかによります。

  • 空気中の粒子が活発に動いていると、気温が上がります。
  • 逆に、空気中の粒子が動いていないと、気温が下がります。

冬場の気温が上がらないということは、空気が動いていないということになります。

空気が動いていないということは、水分も移動しないんです。

水分の動きも鈍くなります。これが、冬の洗濯物が乾きにくい一つ目の理由です。

空気が乾燥していると水分が蒸発しにくい

空気が乾燥していると水分が蒸発しにくい
冬は、唇や肌がカサカサになったりします。空気が乾燥しているんですね。

空気が乾燥しているということは、洗濯物も早く乾きそうな気がしますよね。

でも、実際は違いますよね。これも、空気中の粒子の動きが関係しています。

空気中の粒子の動きがないと、気温が下がるだけではなく、乾燥もするんです。

空気が乾燥しているということは、空気が動いていないということになります。

空気が動いていないということは、水分も移動しないということになります。

これが、冬の洗濯物が乾きにくい二つ目の理由です。

適度な風が洗濯物を早く乾かす

適度な風が洗濯物を早く乾かす
最後に、風の話です。

洗濯物を乾かすのに、最も重要なのが、この「風」です。

先ほどまで、空気の動きについて、お話ししてきましたが、「風」が最も重要とされています。

そして、ポイントは「風量」です。強すぎる風でもダメ、弱すぎる風でもダメなんです。

洗濯物全体に、適度な風が当たると、冬場でも、洗濯物は早く乾きます。

冬場の洗濯物は、外干し?部屋干し?

冬場の洗濯物は、外干し?部屋干し?
洗濯物が乾くメカニズムは、分かりましたね。

次の疑問は、

  • 庭やベランダなどの外で干した方が良いのか?
  • それとも、暖房などで暖まった部屋の中で干した方が良いのか?

という疑問ですよね。

答えは、両方です。

洗濯って、朝やりますよね。

朝、洗濯機を回して、日中に外に干します。そして。夕方ぐらいにお部屋の中に取り込みます。

この洗濯タイムを少し変えてみるんです。

夕方に洗濯機を回して、暖房で暖まったお部屋の中に干します。このタイミングでは部屋干しです。

暖かい部屋なので、ある程度乾きますが、部屋干しなので、菌が溜まってしまいます。洗濯物が半乾きで、少しカビ臭くなるアレです。

なので、翌朝に外に干して、菌を飛ばすんです。洗濯物は暖房の部屋で暖まっているので、乾きやすい状態になっています。

冬の部屋干しは結露の原因になる

冬の部屋干しは結露の原因になる
でも、ただでさえ、結露の悩まされる冬の時期に、部屋干しなんかしたら、朝起きた時に、窓ガラスに結露がすごくなります。

結露は窓ガラスだけではありませんよね。壁にも結露が出来てしまいます。

壁に結露が出来てしまうと、結構ヤバいです。壁の中にカビが生えてしまっていたりして、クリーニング業者でも、キレイに取り除けません。

なので、部屋干しする前に、壁断熱をしておくことがオススメです。

お部屋の温度も下がりにくくなるし、エアコンの電気代削減にもなります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

冬の洗濯物が乾きにくい理由は、空気が動かないことが主な原因です。

そして、洗濯物を乾きやすくするには、適度な風が必要です。

洗濯タイムを変えるなどして、冬場の洗濯を乗り切りましょう。

→ 結露を防ぐ断熱アルミクッション壁紙シールはコチラ

↓↓↓いつもシェアしていただき、誠にありがとうございます♪

壁をDIYカテゴリの最新記事

あわせて読みたい記事